水資源

方針

気候変動や森林破壊、人口増加などに伴い、世界規模で深刻化している水不足、水質悪化、洪水は事業活動にも多大な影響を及ぼす環境リスクであり、水資源の持続可能な利用を重要な課題と認識の上、豊田通商グループ環境方針にも明記し、使用量削減、再利用を積極的に取り組みます。

そのため、ISO14001環境マネジメントシステムの中で水管理計畫を策定しています。さらに水負荷が高い3社については目標設定し、負荷の削減に努めています。
水の管理計畫を策定しているのは569社1社で0.2%に該當します。

豊田通商グループでの水利用に関する取り組み

豊田通商グループでは、水資源の持続可能な利用を重要な課題と認識しており、グループ環境方針にも明記し、使用量の適切化、再利用を徹底することで、利用効率の改善と使用量削減への取り組みを進めています。
WRI Aqueductの水リスク評価ツールを用いて、事業展開國の水リスクを評価し、インドネシア、インドなど深刻な 水不足や洪水などが懸念される地域(水ストレス地域)を特定し、リスクを認識の上で事業活動に取り組んでいます。國內事業所から排出する水については、排水処理施設を定期的に維持?管理し、自主基準に基づく、排水に含まれる汚濁物質度合の管理?監視を徹底しています。日本の水ストレス地域における施設、資産、生産、収益はありません。また、各國?地域の水質、水量の許可基準、規制に対しての不適合(法令違反)もありません。

パフォーマンスデータ

當社では下記データを把握?開示しております。

  • 水使用量(國內事業所)
  • 水使用量(海外事業所)
  • 豊田通商オフィス取水?排水量
  • バイオマス発電関係取水量
  • 水リスク別拠點數
  • 水使用量(水ストレス地域)
水使用量(國內事業所)
水使用量(國內事業所)
集計範囲:豊田通商(本社?支店?営業所?出張所)および國內連結子會社
水使用量(海外事業所)
水使用量(海外事業所)
集計範囲:海外連結子會社
豊田通商(株)オフィス 取水?排水量
豊田通商(株)オフィス 取水?排水量

取水量排水量

集計範囲:豊田通商(名古屋本社、東京本社、大阪支店、豊田支店)
  • *當該集計範囲では、生活用水のみが対象となるため取水量と排水量は同量で算出

バイオマス発電関係 取水量

  2018年 2019年 2020年
しまね(千m3 301 295 283
えひめ(千m3 362 398 403

集計範囲:國內グループ會社 2社(バイオマス発電事業者)

水リスク別拠點數

(単位:拠點)
Extremely High 18
High 85
Medium - High 112
Low - Medium 70
Low 21
?WRI AQUEDUCTにおけるOverall water riskによって確認。Extremely Highの18社の內、渇水地域に所在する生産現場を有するグループは3社。(インドネシア1社、インド2社)
水使用量(水ストレス地域)
水使用量(水ストレス地域)

國內計海外計

集計範囲:Aqueductにて2年連続「Extremely High」の中で渇水地域にあり、生産現場を有するグループ1社

水ストレス地域における水目標

豊田通商グループでは、水ストレス地域の中でも渇水リスクが高い地域における水目標を設定しております。

目標 (事務所)2021年度 従業員當たりの水使用量 2020年度比26%削減(45 リットル/人?日)
(食堂) 2021年度 従業員當たりの水使用量 2020年度比23%削減(10 リットル/人?日)
実績 (事務所)2019,2020年度 従業員當たりの水使用量 61 リットル/人?日※1
(食堂) 2018,2019,2020年度 従業員當たりの水使用量 13 リットル/人?日※2※2

集計範囲:TechnoTrends AutoPark Private Limited

※1:2019年6月?2020年11月実績を対象に算出

※2:2018年11月?2020年11月実績を対象に算出

?WRI AQUEDUCTで2年連続でExtremely Highに分類され、渇水地域に所在する生産現場を有するグループ會社(インド)

第三者認証

上記のパフォーマンスデータの一部はLloyd’s Register Quality Assurance(LRQA)による第三者認証を受けています。

LR 獨立保証聲明書(日本語版)[PDF形式:552KB]

LR 獨立保証聲明書(英語版)[PDF形式:615KB]